医師にならないなら

将来の職業の選択肢として医師という職業を選ぶのであれば、その最初の関門としてまずは高校を卒業した18歳の段階で大学の医学部に入らなければならないことは既に書きました。と言っても学士入学等といった少数の例外もあることはあります。とはいえ医師になるための最低限の資格は大学の医学部卒業証書であるといっても過言ではないでしょう。逆に言えば、もし大学の医学部に入ってそこを卒業したら、医師になる以外の選択肢はほとんど無いと考えてよいでしょう。もし仮に途中で気が変わった、或いは自分の進路の選択を間違ったことに気づき、そこから進む道を変えようとしても容易ではないと理解しておいてください。
基本的な流れは大学の医学部卒業、そして医師になるということは変わりありませんが、とは言うものの最近は少しずつ状況が変わってきました。たとえ大学の医学部、或いは医学科を卒業しても、そのまま医師にならずに別の道を選択する人も出てきたのです。医学部或いは医学科と敢えて書きましたが、実は大学医学部といっても、そこを卒業した学生の全員が100%医師を目指す、或いは医師になるといった状況では実際にはありません。そういった状況もありますが、そのほかに大学の医学部を卒業しても医師になれないケースもあるのです。このように書くと皆さんは不思議に思われるかもしれません。大学医学部を卒業して、自分から医師の道を目指さない、と言うならまだわかるとしても、大学医学部を卒業しても医師になれない、というには恐らく皆さんの大半には理解できないことでしょう。というわけでここではその具体的な例を紹介していくことにします。

例えば日本の国公立大学の最高峰とも言える東京大学、そこの医学部には保健学科という学科が開設されています。この学科の卒業生は大学を卒業後病院に就職して医師になるという通常の医師のコースを辿るわけではありません。仮にも大学の医学部と名のついた学部を卒業するのですから、ここの卒業生が医師にならない、というのはかなりおかしいような気もしますが、ここの卒業生は実際には医師になるのではなく、所謂社会医学系の進路を選択したり、或いは多くの大学生と同じように一般企業に就職したりします。私達が思い描くように普通に医師になるのとは違うわけです。こうした学科は東京大学医学部に限りません。最近では東京大学以外の日本の大学でも、その医学部に保健学科と呼ばれる学科が開設され、その数は増えつつあります。また大学によっては、公衆衛生学部や公衆衛生学科という名で呼ばれることもあります。これらの学部、学科の卒業生も、将来は医師ではない別の道に進むことになります。